民泊を実施される皆様へのお願い

1、民泊・農村生活体験受入ガイド」(別紙)を必ずお読みください。
不明な点は、お気軽にお聞きください。

2、越後田舎体験の民泊を受けていただく民家は、普通のご家庭です。そのご家庭のルールがあります。それぞれの個々のご家庭なので、家の人の暮らし方も性格もそれぞれ違うことをご承知おきください。

3、アレルギーや特別支援の子どもたちについて
命に関わる様々なアレルギーや注意を要する子どもたちの情報を正確に詳細等お知らせください
必要な場合は、直接民泊される民家へ電話にてお願いの連絡をしていただく場合があります。

4、特別な対応をしなくてはいけない場合は、民家での宿泊はせずに、先生が宿泊される宿舎での宿泊をお願いします。民家では日帰り体験として受入いたします。

5、先生方の本部の宿は、できる限り生徒が民泊しているエリアの宿で宿泊してください。緊急の場合、すぐに対応するためです。

6、民家先への巡回について
巡回は、受入地域の様子を見ていただきます。受入民家へ個別に訪問することはしません。周っている間に出会った場合は、ごあいさつ程度でお願いします。

7、自然が多く残っている地域です。危険な生き物(ハチ、マムシなど)や植物(ウルシなど)が存在します。地域の方の注意事項を守りましょう